Archives For travel

I went to Peru from Colombia on October 28, 2017.
However, what I planned in Peru wasn’t go well due to various circumstances.
Actually there was a severe trouble from latter of Colombia, I know that my unlucky luck give me lots of trouble to me always, I have a big unlucky, but that case was quite massive and that almost broke my heart. The live-in babysitter job in Peru was decided few months before I go to Peru. Going to Peru motivated me to get through the bad circumstances, so also the fact that messed up my plan in Peru pokes my heart more. My unlucky is incredible. So I got no plan and for 10 days I was thinking about my next step with moving around to find cheap hostels.
I applied to another volunteer work via the workaway site that I described previous post, but I didn’t get response from that place. Thinking a lot, and after all I got in Toronto several days ago.
To be honest, I didn’t feel good to make a living in Cusco, Peru. That place is flourished upon tourist business. So there were full of tourists on the street, everywhere. I felt it’s not the place to live surrounding by bunch of tourist and merchants. Moreover, since I left Vancouver, each time when I meet new people and talk many things, I was feeling myself is so ignorance. I wanted to study more what I want to. So I decided to leave South America for a while and focus on studying in Canada. Including Spanish.
I can stay in Canada for half a year with a visitor visa, I’m planning to study maximum half a year until I can convince myself.
I’m planning to visit Uruguay again for the third visit after six months.
Regarding things, experiences in Colombia and Peru, I will upload it when I have time.
It was 3 months staying in South America considerably quite shorter than I planned first, but there are many things I’ve learned and felt in the past 3 months. I learned, life’s not gonna be like as I am planing at all. But, although such a busy, haughty my life, I think someday everything will be rewarded after all. I feel the day my dream can be seen is not so far.

2017/10/28にコロンビアからペルーに渡った。
ところが、ペルーで予定してことが色々な事情でうまく事が進まずしばらくどうしようかと考えていた。
コロンビアの終盤あたりから色々とトラブルがあり、トラブルに巻き込まれる僕のアンラッキー運はかなりのものなのは承知していたけれど、その件についてはかなり心にズシッときた。ペルーでの住み込みベビシッターが決まっていて、ペルーでの新しい生活をモチベーションにペルーに渡ったものの、また僕のアンラッキー運のせいかその件がいきなりパーになり、それ以外はノープランだったのでホステルに泊まりながらどうするか色々と悩んだ。
他の住み込みボランティア先を以前紹介したworkawayサイトで連絡してみたものの返事は来ず、10日ほどホステルを転々としながら考えた末にトロントに行く事に決め、実は5日前からトロントに滞在している。
というのも、はっきり言ってペルーのクスコは自分の思っていたような環境とは違って、クスコは特に観光地というのもあって中々落ち着かなかった。ついにペルーに長く生活をする気には慣れず、またバンクーバーを出て以来色々な人に会うたびに自分の無知さを実感し、一度南アメリカを離れ自分のしたい勉強に専念しようと決めたのが理由だ。
カナダにはビジタービザで半年は滞在できるので、半年はカナダで自分が納得するまで勉強に専念するつもりだ。スペイン語も含め。
半年後にもう1度、3度目の正直でウルグアイに渡航するつもりだ。
コロンビアとペルーでの事については、これから時間がある時にアップしていきたいと思う。
3ヶ月と予定よりはかなり短い南アメリカ滞在となったが、その3ヶ月で得た事、学んだ事は多い。ただ、人生は予定しているプラン道路には全く事が進まないと心底実感している。ただ、こんな慌ただしく、ハチャメチャな人生だけど、きっと全てが報われ自分の夢が目前に見える日はそう遠くないはないと思っている。

Advertisements

This time I’d like to introduce workaway site.
Unless you are a super rich aristocrat, you probably show know about this site before you travel. If you use this site, you would be able to travel around the world at no cost except transportation cost.
First of all, the mechanism consists of the host (host) side that offers accommodation and meals, and Workawayer (workawayer) that provides hours of work times for accommodation and meals.
Of course it is not a perfect convenient and easy way to get all meals and lodgings for all free. The host side want any helps for a hostel management, a person making a meal, helping a website creation, helping a house construction, a child’s babysitter, a language teaching activity, a gardening, etc. It really depends on needs of host side and they seek for temporary help. In addition, many hosts expect to interact with people from other countries and having different background and stories, not just want people to work. Some hosts want to improve their second language such as English or French or whatever they want through having conversation with workawayers. So interaction is one of big main parts to do workaway.
Many backpackers want to keep expenses as low as possible in workway work, but not only that, also they want to work closely with local people to get a new experience and to know the place, culture, people. If you want to just stay for free, you better to use Couch surfing.
In my opinion, it’s hard to get a local job in the countries where you go within your travel. For example, because of  visa issues. Workaway is not an official job, so you can not receive salary legally, but if you think like that you are working and making the cost free to have meals and accommodation, you could regard you are working and earning money. That’s my opinion though.
But you can’t save money with workaway, so I think it is hard to live in that country for the rest of your life, but for those who want to travel around the world or those who want to explore the world, you could probably travel without any cost except transportation. It’s surely possible.
But it’s a challenge to use workaway, whether the Host is compatible with you or not, what kind of work you actually do. Everything you’ll see when you get the actual place. But it’s an exciting part, isn’t it?
About my experiences actually living now with using workaway will be introduced in ~ part 2 ~. If you got interested, please check the site. URL is right below.

https://www.workaway.info

今回はworkawayというサイトについて紹介したい。

このサイトは、まだ日本人の間ではあまり知られていない気がする。きっと理由としては、このサイトは基本的に英語で日本語訳がないからだろう。ただこのサイトはあなたがスーパーリッチの貴族みたいな人ではない限り、絶対に知っておいて損はないと思う。このサイトを使えば、交通費以外0円で世界一周をすることもできるだろう。
まず仕組みは、宿と食事を提供するHost(ホスト)側と、宿と食事を得る代わりに1日の数時間をwork時間として提供するWorkawayer(ワークアウェイヤー)がいて成り立っている。
もちろん全てタダで食事と宿が手に入るなんて都合の良い話ではない。Host側は、ホステルの管理だったり、食事を作る人、webサイト制作のヘルプ、家の建設の手伝い、子供のベビシッター、言語を教える活動、ガーデニングであったり、ホストに寄って色々な一時的なヘルプを求めている。それに加えて、ただ仕事を手伝ってもらうことを求めているわけじゃなく、他の国の人と交流をしたいと思っている人は多い。あとは英語など自分の母国語ではない言語をもっと伸ばしたいから、他の国の人と話したいと思っている人もいる。
そしてworkawayerにはできるだけ出費を抑えたいバックパッカーもちろん多いけど、それだけではなく、旅する国でのworkaway活動を通して現地の人と密接に関わりたい、現地での活動を通して新しい経験を得たいと思ってworkawayをする人は多い。観光だけの目的で利用する人は少ないと思う。ただの観光で出費を抑えたいんだったらカウチサーフィンの方が向いているだろうから。
世界を旅していて、いく先々の国で現地の仕事を探すのは、ビザの問題だったっりでかなり難しいと思う。workawayではオフィシャルの仕事ではないから給料を受け取ることはできないけど、毎日の生活でかかる宿代と食事代をworkawayで稼いでいると思えば一応仕事をして日々の対価を得ているに等しいと僕は思う。
workawayで金を貯めることはできないから、それで一生その国で生きていくのは厳しいと思うけど、世界一周をしたい人や、旅をしたい人は、workawayを使って無駄使いをしなければ、交通費以外タダで済ますことも可能だろう。
ただここで日本人に少し抵抗があるのは、日本語を話せるHostはいないから基本的に公用語は英語。あとはサイトには英語で募集を出しているけど、実際は現地の言葉しか話せない人も多い。だから英語を使うことは必須だけど、日本から一歩足を踏み出したら日本語なんて通じないんだからチャレンジあるのみ。
Hostが自分と相性が合うかも、実際はどんな仕事をさせられるかも全部現地に行ってみないといけないから結局全部チャレンジ。
ただそのチャレンジ精神と引き換えに現地の出費が0になると考えればチャレンジする価値は大いにあると僕は思う。
workawayを使って今生きている僕の経験談については~part 2~で紹介。
WorkawayのURLはすぐ下に。