Archives For Study abroad

ここでは僕の英語力と英語の勉強法について書きたいと思う。

現時点で、英語を真剣に勉強し始めて2年経ち(その内1年8ヶ月海外在住)、まだまだネイティブスピーカーには及ばないが海外生活では問題がない程度には上達した。英語を第2言語とする人の中ではかなりできる方だと思う。色々な国を訪れても今の英語力で不自由ないし、コミュニケーションもとれるし、快適に感じる。ただやはりネイティブと本気で話した時に分からない言い回しや単語もあるし、まだまだネイティブ並みになるには勉強が必要だと感じる。

時間と金銭面の問題で、海外に出てからTOEICやIELTといった英語力を図るテストを受けたことがないから、数字では何とも言えない。ただ今僕は、洋画を字幕なしで見ても理解できるし、洋書も辞書を使わなくても読めるようになった。まだまだグラマー、スペルミスはあるが、人に言いたいことを伝えられるようにブログも書けるようになった。

日本人や韓国人にとって、英語というラテンから来ている言語を習得するのは大変だ。僕もそれはとても理解できる。ただ1つ言えるのは、誰でも上手いか、下手かは関係なく、最低コミュニケーションがとれるほどには英語はできるようになる。

1日は24時間しかない。そこから寝る時間を引き、残った時間にどれだけ英語に浸れるか。そこがポイント。フィリピンで、僕の先生は毎日字幕なしで最低でも英語の映画を2本は見ろと言った。僕は映画が好きだから映画かTV Shaw(ドラマ)だが、それは英語の番組でもYouTubeでも何でも構わない。とにかく英語が1本だいたい2時間だとして、毎日4時間は英語に浸れということだ。僕は今でも平均毎日1本は映画を見る。

はっきり言って、日本人も韓国人も英語が下手くそだ。日本人で英語が上手いと思うに出会ったのは今まで数えられる程度しかいない。でもそもそも、日本人が英語が下手くそなのは、気持ちの問題だと思う。日本人は海外で住んでいたって、ワーホリをしてたって、日本人だらけの環境で、日本語を話し、日本の文化を恋しがって全く日本というものから離れやしない。これはよく他の国の人から聞く日本人のイメージだ。”日本人はカナダに来ても日本人とばかりいて日本に帰りたいとか日本食が恋しいとかばかり言うよね。せっかくカナダに来てるのに勿体無い。”と。これは僕に対して言われたわけじゃなくて他の大多数の日本人の話ね。

よく日本人や韓国人から僕の英語力を褒められ、どのようにたった2年間でそこまで英語を習得したのか質問されることがあるが、僕はいつも映画を毎日見ていると言う。ただ大概の質問してくる人のほとんどはそれを実践しない。英語がよっぽど嫌いだったら仕方ないけど、たかが映画、簡単だろう。僕が毎日英語を見る時間があって暇人なんじゃなくて、毎日最低1本も映画を見る時間もない奴が英語を習得できるわけがないよね。

相当な金持ちではない限り、毎日8時間英語学校に通ったり、先生を付けたりすることは厳しい。だからこそ、1日24時間の中、どれだけ英語環境に身を置けるかが根本的な問題だと思う。カナダに10年住んでたって本当に下手くそな人は下手くそなままだ。そんな移民の人はたくさんいる。海外に行こうが、長期で滞在しようが、移住しようが、1日たった数時間も英語環境に身を置けないのであれば英語を身につけるというのは無理があると思う。

Advertisements

There are some reasons why I decided to study abroad in Canada.

The first reason is that I wanted to learn early childhood education in English. Although I originally wanted to help children around the world, I never learned about education before going to Canada. Then, when I was with children through volunteer activity in the Philippines, I knew the beauty of a child again, and at the same time I felt that I learned how ignorance I am about education. And for deciding a country to study abroad I had various choices. But I wanted to learn American English originally because of influence of American movies etc. I’ve been asked often why I did not go to the US, but as other points I could not work legally in the US, even if I got a student visa. But specific schools in Canada, you can get a work visa (co-op visa) with taking a student visa at the same time. For financial reasons, I chose going to Canada to work part – time with studying.

Another reason, I searched on the internet, I learned that early childhood education in Canada is remarkable in the world, did not investigate in detail why it’s remarkable at the time, but I was just attracted purely.

I was considering Australia as a backup plan for just in case If I cannot go to Canada. AndI l got the information that is in Australia I could get a license faster than Canada. But after all I decided Canada where I could learn similar American. (In Canada and Australia, unlike Japan, there are various grades for licenses of early childhood education, so the learning period will be different)

Additionally, another reason was the ease of getting a visa. And also I also could get a working holiday visa following of graduation a school to take a license.

When I returned to my country from the Philippines and decided to study abroad in Canada, I was thinking vaguely, after studying in Canada I would go to Australia to study childhood education more.

僕がカナダに留学を決めた理由はいくつかある。

1番の理由としては、幼児教育を英語で学びたかったこと。もともと僕は世界中の子供を助けたいと思って生きているのにも関わらず、カナダに渡航する前に1度も教育に着いて学んだことがなかった。そしてフィリピンで子供と携わってみて、子供のすばらしさを改めて知ったのと同時に、自分の教育に対する無知さも身にしみて感じた。そして色々な選択肢がある中、なぜカナダに決めたかというと、もともと自分がアメリカの映画などの影響でアメリカ英語を学びたかった。ここでよく、なぜアメリカに行かなかったのかと聞かれるのだが、他のポイントとしては、アメリカでは学生ビザが出たとしても働くことができなかった。でもカナダは特定の学校であれば、学生ビザと同時に働くことができるビザがもらえた。金銭面の理由で、アルバイトをしながら学校に通うことのできるカナダになった。

他の理由としては、僕がネットで調べたところ、カナダの幼児教育は世界でも注目されていると知り、当時なぜ注目されているかなど詳しく調べなかったが、ただ純粋にその言葉に興味を惹かれた。

カナダに行けなくなった時のバックアッププランとしてオーストラリアも検討していて、オーストラリアの方がカナダよりも早く資格が取得できると知ったが、やはり最終的にアメリカに近い英語が学べるカナダに決めた。(カナダとオーストラリアでは、日本と違って幼児教育の資格にも色々なグレードがあってそれによって学習期間も違ってくる。)

さらに他の理由としては、やはりビザ取得のしやすさと、学校卒業後に向こうで働くためにワーキングホリデービザが取れることも大きな要因だった。

フィリピンから帰国し、日本でカナダに留学を決めた際は、カナダの後はオーストラリアに留学し違う国の幼児教育を勉強しようかな、なんて漠然と思っていた。

My daily schedule in weekdays was from 9am to 3pm studying English (1 hour lunch break from 12 to 1pm), from 3:30pm to 6pm joining child-minding.

The reason why I chose to study in the Philippines was one to one class for 5 hours, and the tuition was quite cheap compare with prices in Japan.

As I wrote on another post, when I got there, I couldn’t speak English at all. I barely could greet, but I couldn’t understand people greet back to me though. I just could speak by myself. Speaking my experience, when you start to learn a new language, it is easier to speak out what you want to say than listening to what people saying. In my case.

Honestly the English lesson 5 hours everyday was hard. Most of students focus on improving speaking skills, so most of time conversation, speak and speak and speak. I was too. I was speaking English at least 5 hours a day.

The good thing of one to one lesson was, of cause you can speak a lot with a teacher. Because of that, after only 3 months of study my English skills were quite improved. At the end, I could say what I want to tell to people in English.

The negative thing was, it’s really up to teachers you can have really good time for improving your English skills for 5 hours.

In my case, I had a really strict teacher once. He tried to correct my Japanese pronunciation. He put a mirror right in front of me, and I had to speak with looking at my mouth in the mirror. Even If I make little mistake of pronunciation, I had to try again from the beginning until I can pronounce correctly. One day, when I made a same mistake twice, he said “If you do that again, I will kill you.” I hope he doesn’t kill by just a practice of pronunciation. But I still remember that word clearly. I couldn’t speak much for those strict guidance in the first week from his lesson started. But because of him, I could learn correct pronunciation.

僕の毎日のスケジュールは、9時から15時まで一対一の英語レッスン(13時から1時間のランチ休憩挟む)、15時半から18時までチャイルドマインディング、夕食後2、3時間の自習。毎日最低でも8時間以上は英語に浸かっていた。

僕がなぜフィリピンに留学したかというと、まず5時間の一対一の濃密なレッスンとフィリピンの物価の安さだった。

他のポストにも書いたように、僕がフィリピンに行った頃は、英語なんてほとんど皆無と言っていいほど喋れなかった。挨拶ぐらいはできたが、挨拶がこっちから言えたとしても、相手が返してくることが理解できなかった。いわゆる会話が一方通行で成立しなかった。僕の経験からいうと、新しい言語を学び始めたころは、スピーキングの方がリスニングよりも簡単だと思う。自分の言いたいことは事前に準備して喋ることができるから。

正直に言うと、毎日先生と一対一の5時間授業は辛かった。ほとんどの留学生はスピーキングを伸ばすために会話に重点をおいて喋って喋って喋りくる。僕もそうだった。毎日最低でも5時間は喋ってた。

一対一形式の良い点は、もちろん先生と2人だけでひたすら喋れること。そのおかげで、僕はたった3ヶ月の留学だけで皆無だった英語力がかなり伸びた。最後には自分の言いたいことを人に伝えられるぐらいまでになった。

一方でネガティブな点としては、毎日5時間という時間がいい時間となるかどうかは全て先生次第。

僕の場合、1度かなり厳しい先生にあたった。その先生は、僕の日本人訛りの英語を矯正しようとして、まるまる1週間はずっと発音の練習だった。その先生は、僕の顔の真ん前に鏡を置いて、僕は喋る時はずっと自分の口の動きを見て発音の出し方が正しいかどうか見なきゃならなかった。僕が間違った発音をするたびに、その文章の1番初めから言い直しをさせられた。ある時、僕が2度同じミスをした時、その先生が“次同じミスをしたら殺すぞ。”って言われたのを今でも鮮明に覚えている。そういう厳しい指導のせいで、その先生のレッスンの最初の1週間はほとんど喋ることができなかった。けど、その先生のおかげで正しい発音をできるようになった。

 

 

There ware a lot of valuable experience that I learned through staying in the Philippines. Organizational structure is one of the biggest valuable experience at there.

The NGO organization that I was staying is a small-scale organization group. Basically that is  focusing on one area where is around the smokey mountain. But weekdays, they visit another area to provide some food, education of hygiene such as why brushing teeth is important for us? or something like that. Mostly to focus on one topic for one visiting.

About their activity, for adults who live around the smokey mountain, the organization established business to make things such as pen cases, wallets, accessories and so on by using recycle materials such as juice packs. They provide a job to make the recycle things for people and those people work and can get pay instead of working as a waste picker (People pick up recycle garbage and exchange that to money). They sell the recycle goods in Japan.  For kids, they support children to be able to go to a school and study until high school. In addition to that, after school they provide childminding in weekdays to provide an opportunity to learn different culture and people mostly from Japan, instead of children go to play at parents’ workplace where is the smokey mountain.

Speaking of management of administration, most of income are earned from people who come from japan. They established the business that I described above, but it is not still enough for their activity. So they are relying to be donated.

This is the excerpt for your very first post.

Continue Reading...