Archives For 英語

I had my own classes alone for 2 months, and I fully felt how difficult is the work of the school teacher.
I heard that students’ English level is quite low at the interview before I arrive, but when I actually got there, I was so surprised about their really low English level. First of all, many of them can not to tell their age in English, even their name.
Actually that was the really first time to teach to older kids than age of under 6 or 7 which is my field as a teacher more than elementary school. I was wondering how I teach, so I was thinking various things, ways what I teach them, how I manage, what kind of games we play, what I should say with self-introduction, before travelling. The reality was what I had thought wasn’t be useful and helpful at all. Because my thoughts and ideas were all  in English. Which means they don’t understand my English at all. At all is almost 98%.
The English teacher who was offering me told enthusiastically that I am supposed to do all classes in English as much as possible for students. At the beginning, I thought Yeah, of course I’m gonna do all in English, coz it’s English class! But the fact wasn’t like that smooth and optimistic.
Now, what will happen if you try to progress all the classes in English in such circumstances? My personal conclusion is that no one attend classes = everyone gets bored within 3 minutes = no attention = can not be a lesson. This is my conclusion. I tried.
First of all, in order to carry out a class for one hour, the very first premise is to take their attention. That is the most important thing. Even in case when you contact with children or try to teach children something as well. Everything starts from to take attention from children. And beyond the first premise, how long you can attract them, how long you can keep taking their attention?
Most of students disliked or didn’t have any interests in English. I’ve also known students ‘parents are not interested in English, thinking English is not necessary for their children to live in the town. I actually talked to some my students’ parents about it.
In my very first class, I got their attention arbitrarily without any effort or struggle. Because they were interested in me who is the first Japanese and new comer for them. Not like they were interested in English.
Conclusion, 2 months of lesson, over 80% I’ve used Spanish. The first few weeks, I could not speak Spanish at all, I could not understand nether. Even now I am still beginner. But it was’n only 1 or 2 weeks visiting classes. I had to carry out the classes for two months responsibly and I had to speak Spanish forcibly and desperately even my grammar is so terrible. In the first few classes, younger students laughed at my terrible Spanish, but I didn’t care. Cause that was the only way to take their attention and carry out the class. So gradually students were used to be with my poor English and they tried to understand what I am saying. They helped my Spanish and my class a lot. And somehow I managed all classes for two months, I think I was able to carry out the class upon lots of help from other teachers and students.
To be honest speaking of my feedback, I fell like I barely handed over to 4th grade, 5th grade, and 6th grade. I couldn’t do things quietly with them, because those kids’s age is the most energetic time. They want to move and be more active. I understand that.
9th grade and11th grade are the high school student’s year in my country, and they are in the middle of the time to be adult. Some of them are always lazy to do anything. But they are the most helpful student for me. They helped me a lot and they did very well most of my class. I also enjoyed to talk to them, bout their future, their family, friends, girlfriend, boyfriend, and their future.
The hardest thing was that the man who was also an English teacher and host father who hired me did not help me anything, anything. And there was almost no communication with him and the only thing he does is just give me the topic roughly that is for the class, and I need to do something with the topic. Always he just leave a topic and nothing else he gives me, even any advices. When I ask him even a small tips, he always just say make the class dynamic. That’s all. 2 months, always dynamic. That was sloppy.
After all speaking about myself, low Spanish skill. Even though it is English lesson, I strongly strongly believe that it is necessary to speak the mother tongue of the land there fluently, because it is significant to lead classes of 20 or 30 children or more than that. If I could speak more Spanish, I could lead more children in a positive way and I would have taught more various things. That’s the thing I regret myself.
I am also interested in the treatment of the principal of school who left class to Asian guy who do not understand, speak Spanish well. But all the teachers were very nice people and I could handle the classes upon all their support. I really appreciate.
What I gained in two months in Colombia, I felt lots of things and many things made me thoughtful. That all things including negative things are very valuable for my life.

2ヶ月間1人で授業を持ってみて、学校の先生の大変さが身にしみて感じれた。
まず渡航前の面接で、生徒たちの英語レベルはかなり低いとは聞いていたが、実際に行ってみてその低いさには驚いた。まず自分の歳はおろか、自分の名前すら英語で言えない生徒の方が圧倒的に多い。
初めての小学校以上の先生というのもあり、渡航前に色々と自分なりにどういう風に教えようか、どんなゲームをしたりしようか、まず何を自己紹介で言おうか、考えていた事は全く実現に至らなかった。なぜなら僕の考えていた事は全て英語だったから。
オファーを出していた英語教師は、生徒の為にできるだけ英語で全てやってくれと言っていて、最初はもちろん!と意気込んでいたけれど、現実は厳しかった。生徒の99%が僕が英語で言っている事を全く理解できないのが現状。0だよ、0。僕の歳すら聞き取れない。
さあ、そんな状況で全て英語で授業を進めようとするとどうなるか。僕の結論は、誰も授業についてこれない=皆3分で飽きてくる=アテンションが取れない=授業にならない。これが僕の結論。
まずクラスを1時間遂行するのに、そもそもどんなシチュエーションでもそうだが、子供たちと接する時に1番大事な事は、アテンションを取る事。それが代々前提。そしてその先に、何かを子供に教える時に必要な事は、どれだけの時間子供たちのアテンションを取れるか。
ほとんどの生徒は英語に全く興味が無いか、嫌いだっ生徒もたくさんいた。生徒の親に聞いた事もあるが、親の価値観がすでに、この街で生きていくのに英語は必要無いという考え方だった。
1番初めの授業は、皆僕が誰かについて興味があったからアテンションは勝手に取れたけど、皆僕に慣れるとさっぱり英語に興味無し。
結論、2ヶ月間の授業、80%以上僕はスペイン語を使った。初めの方なんて、全くスペイン語は喋れないし理解できなかった。でもたった1、2週間任されてるだけのビジターではなく、2ヶ月間授業を責任持って遂行しなくてはいかなかったから、とにかく必死に片言なりもスペイン語を話した。最初の方は低学年の生徒たちは僕の片言スペイン語に笑ってたけど、後半は皆僕が何が言いたいかを理解しようとしてくれたから、生徒たちにもかなり助けられて何とか2ヶ月間授業遂行できたと思う。
クラスの感想としては、4年生、5年生、6年生にはかなり手を焼いた。エネルギーが有り余ってる年頃だから中々じっとしてる事ができなくてね。
上の学年の9学年、11学年は日本で言えば高校生に当たる年頃だから、ダラダラはするけど、常に僕に敬意を持って接してくれてるのがわかっていたからクラスを持っていて1番やりやすく楽しかった。
1番辛かった事は、僕を雇った英語教師、ホストファザーでもあった男は基本的に何も助けてくれなく、コミュニケーションもほぼ無かったし、初日からトピックだけ与えられて、じゃあ頼むね、って感じで大分扱いが雑だったのには時々困らせられた。
後自分について言えば、やはりスペイン語スキルの低さ。いくら英語の授業とはいっても20、30人いるクラスをリードしなきゃいけないわけだからどうしてもそこの土地の母国語をフルエントに話せる事は必要だと強く思った。もしスペイン語がもっと話せたらもっと子供達をポジティブな方向に持って行けたし、もっと色々な事を教えてあげられただろうなと、その点については少し心残りがある。
こんな誰だかわからない、スペイン語もほとんどわからないアジア人にクラスを任せてくれた校長の度胸にも関心だが、先生たちは皆とても良い人たちで、彼らのサポートの上で2ヶ月間見知らぬ土地でクラスを持って過ごす事ができた。
コロンビアでの2ヶ月間で得た事、感じた事、考えさせられた事は、これからの僕の人生でとても貴重な経験となった。

Advertisements

ここでは僕の英語力と英語の勉強法について書きたいと思う。

現時点で、英語を真剣に勉強し始めて2年経ち(その内1年8ヶ月海外在住)、まだまだネイティブスピーカーには及ばないが海外生活では問題がない程度には上達した。英語を第2言語とする人の中ではかなりできる方だと思う。色々な国を訪れても今の英語力で不自由ないし、コミュニケーションもとれるし、快適に感じる。ただやはりネイティブと本気で話した時に分からない言い回しや単語もあるし、まだまだネイティブ並みになるには勉強が必要だと感じる。

時間と金銭面の問題で、海外に出てからTOEICやIELTといった英語力を図るテストを受けたことがないから、数字では何とも言えない。ただ今僕は、洋画を字幕なしで見ても理解できるし、洋書も辞書を使わなくても読めるようになった。まだまだグラマー、スペルミスはあるが、人に言いたいことを伝えられるようにブログも書けるようになった。

日本人や韓国人にとって、英語というラテンから来ている言語を習得するのは大変だ。僕もそれはとても理解できる。ただ1つ言えるのは、誰でも上手いか、下手かは関係なく、最低コミュニケーションがとれるほどには英語はできるようになる。

1日は24時間しかない。そこから寝る時間を引き、残った時間にどれだけ英語に浸れるか。そこがポイント。フィリピンで、僕の先生は毎日字幕なしで最低でも英語の映画を2本は見ろと言った。僕は映画が好きだから映画かTV Shaw(ドラマ)だが、それは英語の番組でもYouTubeでも何でも構わない。とにかく英語が1本だいたい2時間だとして、毎日4時間は英語に浸れということだ。僕は今でも平均毎日1本は映画を見る。

はっきり言って、日本人も韓国人も英語が下手くそだ。日本人で英語が上手いと思うに出会ったのは今まで数えられる程度しかいない。でもそもそも、日本人が英語が下手くそなのは、気持ちの問題だと思う。日本人は海外で住んでいたって、ワーホリをしてたって、日本人だらけの環境で、日本語を話し、日本の文化を恋しがって全く日本というものから離れやしない。これはよく他の国の人から聞く日本人のイメージだ。”日本人はカナダに来ても日本人とばかりいて日本に帰りたいとか日本食が恋しいとかばかり言うよね。せっかくカナダに来てるのに勿体無い。”と。これは僕に対して言われたわけじゃなくて他の大多数の日本人の話ね。

よく日本人や韓国人から僕の英語力を褒められ、どのようにたった2年間でそこまで英語を習得したのか質問されることがあるが、僕はいつも映画を毎日見ていると言う。ただ大概の質問してくる人のほとんどはそれを実践しない。英語がよっぽど嫌いだったら仕方ないけど、たかが映画、簡単だろう。僕が毎日英語を見る時間があって暇人なんじゃなくて、毎日最低1本も映画を見る時間もない奴が英語を習得できるわけがないよね。

相当な金持ちではない限り、毎日8時間英語学校に通ったり、先生を付けたりすることは厳しい。だからこそ、1日24時間の中、どれだけ英語環境に身を置けるかが根本的な問題だと思う。カナダに10年住んでたって本当に下手くそな人は下手くそなままだ。そんな移民の人はたくさんいる。海外に行こうが、長期で滞在しようが、移住しようが、1日たった数時間も英語環境に身を置けないのであれば英語を身につけるというのは無理があると思う。

I came to Vancouver, Canada and went to a language school to get used to the local accent for only three weeks before the college starts.

My English ability at that time when I came to Canada was such I was able to pass a college entrance examination, because of the three month study in the Philippines. (Well, as I later noticed, the college where I enrolled have a lot of international students, quite rarely anyone fails by the entrance examination.)

I aimed to make friends from other countries rather than studying rally hard, because I’ll be in the language school only for three weeks. The afternoon class was fun and valuable, because the level of the class was high, my teacher was funny and knowledgeable, most of classmates were close and we hanged out often. But frankly, the morning class was boring. Well, it was also my mistake to be in the boring class that was a low-level class by submitting with a blank sheet, I was thinking that there is no part of Writing in the level classification test. . .

There were just few things that I could’ve learned in 3 weeks, but it was good opportunity to speak English with friends from other countries.

Another good thing that I went to a language school was to know different culture. Knowing the culture of other countries, I also found the position of people from my country. Maybe it’s weird for people who aren’t Japanese to hear that. I think I’m not a kind of a typical Japanese. I mean my personality. Because I think that I do not want to become it, a typical Japanese image in me.

Anyway I was surprised by my friends and teachers at the language school that they told me most of other Japanese people cannot speak English well and they don’t even try to speak to people from other countries, but I am different. I also agreed well that many Japanese people stick with only Japanese people and talk only in Japanese. I didn’t make any Japanese friends, because of the difference from the majority of Japanese. Perhaps for those reasons, it was not so hard to make friends.

Although I had only three weeks, I got tired of the language school, I thought that English ability won’t rise much even if I go over it. The reason is that opportunities to speak are basically limited, because most of classed are a group lesson, speaking is hard to be improved unless you make some friends and only speak in English. But even if you talk to people of the same level of English skills for a long time, it is hard to improve. Especially for those people who start from the lowest class. In my opinion, unless if you  make a lot of effort or you have a great potential to talk to anybody else. English ability won’t rise to a certain level no matter how long it is . Well, of course this is only talking about from my experience. Some school have variety of curriculas, so it cannot be said that unconditionally.

カナダのバンクーバーに来て、カレッジがスタートする前に3週間だけ現地のアクセントに慣れるために語学学校に通った。

カナダに来た当時の僕の英語力は、3ヶ月間のフィリピンでのストイックな勉強のおかげでカレッジの入学試験はパスできる程度にはあった。(まあ後になって気づいたことだが、僕の通ったカレッジはインターナショナルの生徒を多く入れていて、滅多に入学試験で落とされる人はいない。)

僕は、たった3週間の語学学校だから、勉強付けというよりも他の国の友達を作ることを目的にした。はっきり言って、午後の授業はレベルが高めのクラスに入れてくれて、先生も面白い人で、クラスも仲が良かったから楽しかったが、午前中の授業はつまらなかった。まあレベル分けテストで、Writingのpartがないと思い込んで白紙で提出してしまって、レベルの低いクラスに入れられてしまった自分も悪いのだけど。。。

3週間の授業で学べたことなんて数少ないけど、色々な国の友達が出来て英語を話す機会は多かったからそれは良かった。

語学学校に通ってもう1つ良かった点は色々な国の文化も知ることができたこと。そして他の国の文化を知って、自分の国の立ち位置(ポジション)もわかった。僕は自分で言うけど、あんまりというか、かなり日本人らしないと思う。(性格がね。)僕の中にある典型的な日本人のイメージ、それになりたくないと思って生きているから。

語学学校で周りの友達や先生にびっくりされたのは、他のほとんどの日本人は英語も全然喋れないしシャイで他の国の人と交流を持たないけど、僕はレアだと。僕も多くの日本人は日本人グループで固まって日本語しか話さないと知っていたからまあ納得した。僕も日本人の友達は作らなかったし、その大多数の日本人と違うおかげなのか、向こうから話しかけてくれる人も多くて友達を作るのはあまり苦労しなかった。

たった3週間しかいなかったが、語学学校は飽きたし、これ以上いても英語力は上がらないと思った。その理由として、基本的にグループ授業だから話す機会がかなり限られるから友達を作って英語を喋らない限りspeakingは伸びにくいし、でも同じレベルの英語力の人とずっと話してても伸びにくい。特に1番下のクラスから始める人なんかはかなり努力するか、誰とでも仲良く話せるようなポテンシャルのある人でないと、語学学校はどれだけ長くいても一定レベルまでしか英語力は上がらないと思った。まあ、もちろんこれは僕の経験から話しているだけで、学校によっては様々なカリキュラムを用意しているところもあるから一概には言えないけど。

My daily schedule in weekdays was from 9am to 3pm studying English (1 hour lunch break from 12 to 1pm), from 3:30pm to 6pm joining child-minding.

The reason why I chose to study in the Philippines was one to one class for 5 hours, and the tuition was quite cheap compare with prices in Japan.

As I wrote on another post, when I got there, I couldn’t speak English at all. I barely could greet, but I couldn’t understand people greet back to me though. I just could speak by myself. Speaking my experience, when you start to learn a new language, it is easier to speak out what you want to say than listening to what people saying. In my case.

Honestly the English lesson 5 hours everyday was hard. Most of students focus on improving speaking skills, so most of time conversation, speak and speak and speak. I was too. I was speaking English at least 5 hours a day.

The good thing of one to one lesson was, of cause you can speak a lot with a teacher. Because of that, after only 3 months of study my English skills were quite improved. At the end, I could say what I want to tell to people in English.

The negative thing was, it’s really up to teachers you can have really good time for improving your English skills for 5 hours.

In my case, I had a really strict teacher once. He tried to correct my Japanese pronunciation. He put a mirror right in front of me, and I had to speak with looking at my mouth in the mirror. Even If I make little mistake of pronunciation, I had to try again from the beginning until I can pronounce correctly. One day, when I made a same mistake twice, he said “If you do that again, I will kill you.” I hope he doesn’t kill by just a practice of pronunciation. But I still remember that word clearly. I couldn’t speak much for those strict guidance in the first week from his lesson started. But because of him, I could learn correct pronunciation.

僕の毎日のスケジュールは、9時から15時まで一対一の英語レッスン(13時から1時間のランチ休憩挟む)、15時半から18時までチャイルドマインディング、夕食後2、3時間の自習。毎日最低でも8時間以上は英語に浸かっていた。

僕がなぜフィリピンに留学したかというと、まず5時間の一対一の濃密なレッスンとフィリピンの物価の安さだった。

他のポストにも書いたように、僕がフィリピンに行った頃は、英語なんてほとんど皆無と言っていいほど喋れなかった。挨拶ぐらいはできたが、挨拶がこっちから言えたとしても、相手が返してくることが理解できなかった。いわゆる会話が一方通行で成立しなかった。僕の経験からいうと、新しい言語を学び始めたころは、スピーキングの方がリスニングよりも簡単だと思う。自分の言いたいことは事前に準備して喋ることができるから。

正直に言うと、毎日先生と一対一の5時間授業は辛かった。ほとんどの留学生はスピーキングを伸ばすために会話に重点をおいて喋って喋って喋りくる。僕もそうだった。毎日最低でも5時間は喋ってた。

一対一形式の良い点は、もちろん先生と2人だけでひたすら喋れること。そのおかげで、僕はたった3ヶ月の留学だけで皆無だった英語力がかなり伸びた。最後には自分の言いたいことを人に伝えられるぐらいまでになった。

一方でネガティブな点としては、毎日5時間という時間がいい時間となるかどうかは全て先生次第。

僕の場合、1度かなり厳しい先生にあたった。その先生は、僕の日本人訛りの英語を矯正しようとして、まるまる1週間はずっと発音の練習だった。その先生は、僕の顔の真ん前に鏡を置いて、僕は喋る時はずっと自分の口の動きを見て発音の出し方が正しいかどうか見なきゃならなかった。僕が間違った発音をするたびに、その文章の1番初めから言い直しをさせられた。ある時、僕が2度同じミスをした時、その先生が“次同じミスをしたら殺すぞ。”って言われたのを今でも鮮明に覚えている。そういう厳しい指導のせいで、その先生のレッスンの最初の1週間はほとんど喋ることができなかった。けど、その先生のおかげで正しい発音をできるようになった。