Archives For ボランティア

From 08/31, I came to a small town called Pital in the district of Columbia’s Huila.

From the capital city of Bogota to the Neiva airport via the domestic flight. Pital is located  in southern Huila, 100 km further from the airport of Nea.
Approximately 3000 people live in this town. There is just 2 schools,  one is public and the other on is private school. This town are surrounded by mountains, and the nearest neighbor town is about 4 km away.

There is no Japanese, Asian people, even tourists are totally rarely visited.

I started to volunteer as a English teacher at the schools in this town.

I got here through the site called “workaway”.

The site called workaway is offering a system which is travellers such as a backpacker who provides a few hours of labor time and receive accommodation and meals for free from hosts.

When I was thinking about various things in Uruguay, I was searching for volunteer offers in Colombia by workaway and found the offer for this occasion.

A Colombian couple who are hosts of me, is a local Colombian English teacher. They want to give an opportunity to talk to English to people who speak English and from other countries for students whose English level is very low and luck of motivation about English, and keep students’ motivation up. The Colombian couple is trying to encourage local students to learn English for their future and country.

Personally, I want to see and learn various national education with this my own. For those my purpose, I thought that this is a very rare opportunity to be a part of member in the local school.

Some people may think volunteer is a kind of meaningful because no pay provided. But It’s really hard to observe a local school without connection in the community or country where you’re going, moreover if you are outsider for the community, that would be harder, because you are unfamiliar and don’t have trust from communities. In case you want to get pay for work at a public school, you would need to take a qualification of a teacher of that country.

In these days, you need to pay a high cost to a organization or management group for applying volunteer work. So this offer which is accommodation and meals provided is a quite lucky opportunity, I think.

08/31からコロンビアのウイラ(Huila)という地区のピタル(Pital)という小さな田舎町にやってきた。

首都のボゴタ(Bogota)から国内線に乗り継ぎ、ネイバ(Neiva)の空港で降り、ネイバの空港からさらに車で100kmほどの内陸地。
町にはおよそ3000人ほどの人が住んでいる。学校は公立と私立の学校が1つずつ。周りは山に囲まれていて、1番近い隣町までは4kmほど。
日本人はおろか、アジア人も、観光客ですらまず滅多に訪れないような町。
僕はこの町の学校で英語を教えるボランティアの先生を始めた。
ここに来たきっかけはworkawayというサイトを通して。
workawayというサイトは、バックパッカーなど旅をする人、泊めてもらう人(worker)が労働時間を提供する代わりに、泊める側のホストが無料で寝床と食事を提供するというシステムを提供しているサイト。
日本人にはあまりまだ浸透していないかもしれない。僕も、ウルグアイに行く直前に友達から教えてもらったばかり。
ウルグアイで色々と考えている時に、workawayでコロンビアの求人を調べていてたまたま今回の求人を見つけた。
僕をステイさせてくれているコロンビア人カップルは現地の英語教師。彼らは、現地の子供の英語力の低さと、英語に対する興味の低さをどうにかしたいと、生徒たちに英語を話す機会を与えて、もっとモチベーションを持ってもらうために英語を話す外国人のボランティアを募集している。
僕は色々な国の教育をこの目で見て学びたかったから、今回のこのオファーのように学校の中の一員として子供に携われる機会は滅多にないと思い即決した。
ボランティアというと、給料もらってなくて遊びのように思う人もいるかもしれないけど、学校というところに、現地の内通者が全くいなくて、ましてや初めて訪れる土地で、いきなり学校見学させてくれっていうのすら難しいのに、それに私学以外で給料をくれってことは国の認める教師資格を取らなきゃいけない。
今の時代ボランティアをするのにだって、管理団体などを通して高い申し込み料払わなきゃいけない時代で、タダでボランティアができて、その上食事と宿が提供されるっていうのは、かなり有難い内容だと僕は思う。
Advertisements

For the second time in Uruguay, I was planning to stay for more than half a year for studying. But, as I thought about it for a month after visiting Jose Mujica once, as a result of considering for a month, I decided to teach English at an elementary school in a small town 500 km away from capital city in Colombia from August 31.

Why Colombia? Cos I’ve been studying Spanish by myself in this whole month, frankly I got tired. First of all, I couldn’t concentrate on studying at a hostel where is like a club all day, and the library isn’t open on weekends and my daily movement is the hostel to the library for caring about money so much.   Also, I miss kids.

For the first reason is that I didn’t feel excited to be in Uruguay, it’s from the beginning when I arrived.

And I thought that it was meaningless even if I studied alone in the hostel thinking only about saving money, and I started searching for volunteer or jobs in South America. And it may seem like a very dangerous idea, but I am a very curious realism person which means I wanna see anything by my eyes and believe what I can see. So my crazy curious of Colombia came up from one TV show that is Netflix’s Narcos. Since I’ve known about Pablo Escobar, I have a strong impulse to go to see Colombia where he was born.

When I was looking for something to do with children in Colombia, I got the job offer to be an English teacher.

What I think is the most important thing and my curiosity is education. I want to know education systems and children in various countries. So this offer was a perfect opportunity to be able to see both the local public school and private school system. The feeling that I want to work with children more than anything else.
In the field, the schools are having a problem that is students have lack of opportunities to speak English. Because it’s quite rare tourists and people from overseas visit the town. And now, they have no volunteers and I got this offer, I’m not a native speaker though.

For me, it’s a big challenge. I don’t think my English level is low, but the way to get to a native level is still far away. In such circumstances, this opportunity to teach English to the students at schools is also a great opportunity for me to study English again finely. And also my Spanish is quite poor, so many difficult part might appear such as miscommunication or shortage of explanation. But I am so excited to do the new thing that is to teach english in outback of Colombian where is no foreigners especially Asians. I don’t think people over there have seen any Asians.

I’m planning to stay for two or three months over there. It’s totally up to an immigration officer how many days they give to my visa.

I will study Spanish, English learning, Colombian education, school system, and the history of Colombia where Pablo were born.

After Colombia, I could take a babysitter job offer in Cusco, Peru, so I will go straight to Peru, and would stay for about 3 months. And then I’ll come back to Uruguay next February or March. On the 3 visit to Uruguay, I’ll try to study under Jose Mujica.

今回2回目のウルグアイ渡航は、当初最低でも勉強のために半年以上の長期滞在を考えていた。けど、一度ホセムヒカの元を訪れてから色々考える事があって、1ヶ月考えて考えた結果、8月31日からコロンビアの都市から500kmほど離れた小さな町の小学校で英語を教えることになった。

なぜコロンビアに行き着いたかというと、この1ヶ月1人で黙々とスペイン語を勉強していて、はっきり言って飽きた。まず滞在先のホステルは深夜までクラブみたいな騒ぎで勉強に集中なんてできないし、週末は図書館は開いてないし、金の節約で毎日図書館とホステルの行き来のみ。

それと、子供たちが恋しくなってきた。

あと1番の理由は、なぜかウルグアイで興奮を感じなくて、今はウルグアイにいるべき時では感じがウルグアイに着いた当初から感じていた。

そして、このままウルグアイで金の節約のことばかり考えてホステルで1人で勉強していてもあまり意味がないと思い、南米でボランティアかジョブを探し始めた。そして、結構危ない考えと思われるかもしれないけど、僕は何事もこの目で見ないと気が済まない性格で、NetflixのNarcosでPablo Escobarを知ってからコロンビアに行ってみたいという衝動が強かった。

というわけで、コロンビアで何か子供に携わる仕事はないかと探していたところ、今回の英語教師の仕事に出会ったわけだ。

僕が1番興味を持って大事だと思っていることは教育。色々な国の教育、子供、学校のシステムを知りたいと思っている。だから今回のこのオファーは、現地の公立学校と私学両方の学校システムが観れてパーフェクトな機会だった。あとは何よりも子供と携わっていたいという気持ちが何より強い。

現地では、観光客や、英語を話す海外からの人が来にくく、子供達が英語に触れる機会がないためにこのようなボランティアを募集しているのだと。そして今はボランティアの人が全くいない状態で、ネイティヴではない日本人の僕も採用してくれた。

僕にとってこれはかなりの挑戦だ。僕は自分の英語力は低いとは思わないけど、まだまだネイティブレベルになるには道のりは長い。そんな中で学校で生徒に英語を教えるというこの機会は、僕が改めて細かく英語を勉強できる機会にもなるし、スペイン語もまだまだだから大変な部分もあるだろうけど、コロンビアの奥地で、外国人が誰もいない、ましてやアジア人なんて訪れたこともない土地で新しいことに挑戦することを考えると興奮が止まらない。

向こうでは2ヶ月か3ヶ月ステイするつもりだ。期間は入国時にどれだけビザをもらえるか。

向こうでは、もちろんスペイン語の上達、英語の学習、コロンビアの教育、学校システム、そしてPabloが生まれたコロンビアの歴史を勉強する。

コロンビアの後は、ペルーのクスコでベビーシッターのオファーが取れそうだから、そのままペルーに行き3ヶ月ほどベビーシッターをして、来年の2月か、3月にはウルグアイに戻ってきて、第3回の彼の訪問では、ホセムヒカの元で勉強をさせてもらうつもりだ。

In the field of ECE(Early Childhood Education), many people volunteer while going to school for seeking jobs after graduating from school. Because it’s a quite sure way to gain trust through volunteers and get jobs. It ‘s a kind of internship.

After I entered school for about 3 months, I started volunteering by my friends’ introduction since I got accustomed to school. I got a job offer from a preschool, which was in conjunction with a daycare that I was volunteering, and I’ve worked at the preschool for a year.

I occasionally worked as a on-call staff at the daycare where I was volunteering. I’ve worked at the preschool for one year, three months at one daycare, one and a half months with a different daycare.
Experience and trust are particularly important here than resume. It is very important to get jobs smoothly. Everything that I worked on was all introduced by my friends.

I focused more on observation various daycare than working long in the same place. Through the curriculum of the ECE program, there were many opportunities to visit daycares by observation and practical training, and I was able to see nearly 20 different places.

The difference between volunteering and actually getting paid is  heavy responsibility. Volunteer is totally up to a day care, what you can do and what you can learn. There are various experiences, and sometimes it is used for being overworked and challenged. But mainly volunteer students can not take responsibility, so I couldn’t help other teachers such as taking their part of jobs. Basically I was playing with children.

I’ve worked in the position of a teacher and I felt the difficulty as a real paid worker. As a volunteer, I can spend a lot of time with each child while playing with a child, but when I become a teacher I have to steer a class with dozens of children, if I look around the whole thing, I am having less time with each child. Especially there are more children in a class. I’ve also worked at a Family Daycares (It’s to keep children up to 6 to 8 at home) and I could get more time with each child, I prefer to have a small group. But It’s rally fun to play with dozens of children in a group day care, but it is very hard to take care of all of them.

初めに、日本では馴染みの無いカナダ(広く言えば英語圏全般)の保育園、幼稚園について少し説明したいと思う。日本でいう保育園は、英語圏ではDaycare(デイケア)、幼稚園はPreschool(プリスクール)。デイケアは1日保育で、プリスクールは1日最大で4時間まで、主に学習をメインとしている。こっちでは、5歳までは特に子供をどこかに預けなくてはいけないという義務はなく、基本的に親が仕事で家にいないと子供を預けて、平日で仕事の休みがある家庭は週に2、3日だけとか子供を預けたい日だけ預け、できるだけ親と過ごせる時間は平日であっても、子供は親といることが多い。プリスクールは基本的に半日保育だから、通う親は時間に融通の利く人が多い。プリスクールとデイケアで資格は別れてはいなく、同じ資格(Early Childhood Educator CertificateかEarly Childhood Educator Assistant Certificate)で働くことができる。資格にも大学卒かカレッジ(専門学校)卒か多少の違いはあるけれど、資格自体は一緒だから僕の知る限りではカレッジで早く資格を取ってる人が大多数。専門の職業だから、日本みたいに大学卒かどうかなんてうるさくない。興味がある人は調べてみて。

現地では、学校卒業後のジョブ探しを視野に入れて学校に通いながらボランティアをする人が多い。ボランティアを通して信頼を得てジョブをゲットするのが無難だから。日本で言えばインターンシップ。

僕も学校に入って3ヶ月ほどして、学校に慣れた頃から友達の紹介でボランティアを始めた。最終的にそこのボランティアをしたデイケアと併設されているプリスクールからジョブオファーを貰って、1年間プリスクールで働いた。

僕は、プリスクールで1年間働き、1つのデイケアで3ヶ月ほど、違うデイケアで1ヶ月半、ボランティアをしていたデイケアでたまに非常勤で働いた。

こっちでは履歴書よりも、経験と信頼が特に重要視される。コネはジョブをスムーズにゲットするのにとても大事。僕も結局働いたとことは全て友達から紹介してもらったところだった。

僕は同じところで長く働くことよりも、色々なデイケアを見ることに重点を置いていた。学校の授業で、デイケアに観察や実習で訪れる機会が多く、トータルで20箇所近くは現地のデイケアを見ることができた。

ボランティアと実際に給料を貰って働くことの違いは、やはり責任の重さ。ボランティアもデイケアによって様々で、色々な経験をさせてくれるところもあれば、こき使われて雑用ばかりやらされるとこともある。でも主にはボランティアの人は責任が取れないから、特にこれといった仕事をさせられることはない。基本的には子供の相手をして遊ぶことが多い。先生という立場で働いてみて、立場の違いをとても感じた。ボランティアだと子供と遊びながら1人1人との時間を多く取れるけど、先生となると自分が何十人と子供がいるクラスの舵取りをしなきゃいけなくて、どうしても全体を見回すと1人1人の子供との時間が減ってします。特にクラスの人数が多ければ多いほど。僕は実習を含めファミリーデイケア(家で子供を6か8人まで預かれる保育。大きいデイケアはグループデイケア。)で働いてみて、僕は1人1人の子供との時間をできるだけ多く取りたいから、小さいグループでの保育が僕には合っていると思った。グループデイケアで、何十人の子供と一緒に遊べるのはなかなか楽しいけど、舵を取るのがすごく大変で忙しい。

This is the excerpt for your very first post.

Continue Reading...