Homeless boy in Garson/ Garson(ガルソン)で見たホームレスの男の子

October 12, 2017 — Leave a comment

Last week I visited to Garzon where is a close town from Pital where I’m staying. And I saw a homeless boy for the first time.

There’s no homeless people in Pital. I’ve never seen.

I’ve heard there are many homeless people in bigger cities such as Bogota, Medellin, Cali. But comparing with those big cities and Garzon, Garzon is much much smaller. So I didn’t imagine that i see a homeless kid out there.

The homeless boy was sleeping on the street right in front of a bakery shop near a bank. He seemed to be about 12 to 14. He was wearing a T-shirt, half-pants, and shoes, all clothes seemed to be unwashed for a while.

He appeared to be asleep, so I didn’t try to talk to him.

I also saw some police men were taking break at the bakery shop.

That’s the reality people just pass by him regarding like he doesn’t exist. Even police men. Why can’t they or government help even one boy?

But so far, I am one of them. Maybe I seem like one of hypocrites. At least that I could do was just leave some change under his grubby T-shirt. I feel really frustrated that I can’t do anything with this myself right now.

In this world, rich people, politicians, police officers say it’s just one of social issue with like nothing care about them, like it’s inevitable. And they do nothing.  Because they don’t feel nothing, they believe they are not gonna be like them. They think they are different than having no money.

I always don’t understand, why those people who govern countries think this world could be existed for more centuries with leaving people who don’t have much income and no home, sleeping on the street, dig garbage, starve and die.

How can they abandon same humanity.

It’s the end human abandon other human.

先週僕のステイしているピタルという町から少し離れた近くの町、ガルソン(Garson)を訪れた時にコロンビアで初めてホームレスを見た。
というのも、僕のいる町ピタルにはホームレスの人々はいない。厳格には僕は一度も見たことがない。
ボゴタ、メルジン、カリといった大きな都市では、ホームレスの人々はたくさんいると聞く。ただそれらの大きな都市に比べればガルソンは本当に小さな町。だから、そんな小さな町でホームレスの男の子を見るなんて思ってなかった。
その男の子は銀行の近くにあるパン屋の前の歩道で寝ていた。歳は12歳から14歳ぐらいに見えた。彼の身に着けていたものは、Tシャツ、ハーフパンツ、靴、どれもしばらく洗っていないみたいで薄汚れていた。
彼は熟睡しているみたいだったから起こさないように彼に話しかけるのは避けた。
パン屋の中では何人かの警察官が休憩を取っていた。
それが現実。人々は彼が存在しないかのように見てただ彼を避けて通る。警察官たちでさえも。
なぜ誰も彼らも政府もたった1人の男の子を助けることができないのだろう?
けれど今の所、僕も所詮その内の1人にすぎない。偽善者ぶってるように見えるかな。
僕ができたことはせいぜい幾らかの小銭を彼の薄汚れたTシャツの下に潜り込ませることだった。
何もできない今の自分がとても悔しい。
今の時代、金持ち、政治家、警察官も皆、それは社会問題の1つにすぎないと言う。それがさも何もそんなこと気にしていないかのように、それは仕方のないことだと言わんばかり。そして何もしない。だって彼らはそんな彼らの気持ちなんて何も感じない、彼らは自分たちがそんな家無しになるなんて思わない、彼らは金を持ってない人々とは自分たちは違うと思ってるから。
僕はいつも理解できない、なぜ国を統治する側である政府の人間は、収入が少なくて困っている人いる、家が無くて路上で寝る人がいる、仕事も金も無くてゴミを明後日日々を生きている人がいる、飢えて餓死する人がいる現状を何とも思わずに、この世界があと何世紀も存在すると思えるのだろう。
人間が人間を見捨てたらおしまいだよ。
Advertisements

No Comments

Be the first to start the conversation!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s