Archives For October 2017

This time I would like to introduce my experience of actually using workaway.
I am now teaching English at a local school in Colombia because I found the offer through workaway.
Two months ago when I was thinking how to live a few months living expenses in Uruguay before leaving Canada, my friend who has been traveling the world taught me about the workaway site.
Currently hosts are registered in this site from 170 countries around the world. That means that no matter where you go to any of the 170 countries worldwide, anyone can find a host. However it depends on a country how many host are registered. At most more than 300 hosts that you can find. Which means you have more than 300 options.
I was planning to learn Spanish in Uruguay and I was looking for a host, but I had half- year to study Spanish anyway. And I though that would be really great for me to study Spanish with being engaged in other national education in other Latin American countries instead of just focusing on studying Spanish in Uruguay. Because to know education of other countries is one of my biggest purpose and interest.
Countries close to Uruguay such as Argentina and Paraguay did not have much educational offering, and daringly extended the range of searching to Colombia and Peru. Among them, I applied for an offer of an English teacher in Colombia, and got Ok after an interview with the host. And in Peru I found a host offering a babysitter and contacted. Sooner the host said Ok kindly, so from November I’ll be a babysitter in the village Pisac located near Cusco, Peru.
As a point of looking for hosts, if you already decided to go to a country where you want to go, you should contact more than one host. If you know the date, contact as early as possible even a few months before.
The first time I began searching for hosts in Uruguay, I contacted to only one or two hosts, but I didn’t get reply at all. I finally contacted the fifth candidates that I chose and I got a reply quite sooner from the host in Colombia where I am staying right now and the host in Peru where I’ll go next. After all replies came from almost all host that I sent a contract, but some of them took a couple of months to send me back. Well, my schedule was quite hasty, though.
I would recommend to contract few or several hosts, because there are some cases that it’s already full of workawayers or the circumstances do not suit, hosts seek quite specific and high skill. There is timing and compatibility with the host.
Because of workaway, now I can be spending 0 cost unless I buy what I wanna buy following my greedy, while I’m in Colombia.
There are also some volunteer offers from local communities and NGO organizations, and you can get a volunteer opportunity with avoiding to pay $1000 or more expensive cost to some volunteer organization group. You can do volunteer work on equivalent exchange. It’s a fair, great deal, I think.

今回はworkawayを実際に利用した僕の経験について紹介したいと思う。
僕が今コロンビアの現地の学校で英語を教えているのも、workawayでそのオファーを見つけた為。
2ヶ月前、カナダを出る前にウルグアイで数ヶ月の生活費をどう工面しようか考えていた時、世界を旅していた友達からworkawayサイトについて教えてもらった。
日本以外の海外を旅する人の間では徐々に知名度が増しているらしく、現在世界170国からホストがこのサイトに登録している。ということは世界170カ国どこの国に行っても誰かしらはホストを見つけられるということ。ただ国によってホストの数は大分差があるけど、多い国だと300以上ホストがいる。要するに300以上のオプションがあるって事。
僕はウルグアイでスペイン語を学ぶつもりでホスト先を探していたけれど、どうせ半年スペイン語を勉強するんだったら、他のラテンアメリカの国でその国の教育に携わりながらスペイン語を勉強した方が絶対に良いと思い、どこか教育に携わるオファーはないかとworkawayサイトでホストを探し始めた。
ウルグアイから近い国、アルゼンチンとパラグアイはあまり教育系のオファーがなく、思い切ってコロンビアとペルーに検索を伸ばした。その中で今のコロンビアの英語教師のオファーに応募して面接を経て、Okを貰った。そしてペルーではベビシッターのオファーを出すホストを見つけて連絡をしたら快くokをしてくれて、11月からはペルー、クスコの近くに位置するピサックという村でベビシッターをする予定。

ホスト探しのポイントとしては、もし行きたい国が決まっているんだったら一件だけじゃなくて何件かに連絡をする事。あと日にちが分かっているんだったらできるだけ早めに、数ヶ月前にでも連絡をすること。

ウルグアイでホスト探しを始めた最初の頃、1件、2件送ったけど全く連絡が帰ってこず、最終的に第5候補まで連絡をして、即連絡を返してくれたのが今のステイ先とペルーのステイ先だった。後に連絡したほとんどのところから返信は来たけど、1、2ヶ月経ってからのところもあった。まあ僕の予定が大分急だったのもあるけど。
どうしても行きたいところが店員がいっぱいでダメだったり、都合が合わなかったり、求めるスキルが高かたっり、ホストとの相性があるから、何候補かに連絡をすることを勧める。
workawayのおかげで、今コロンビアにいながら自分の欲しいものを買わない限り出費は0。
NGO団体や、ローカルコミュニティーのボランティアオファーを出しているところもあって、どこかの団体に1ヶ月で何十万もの高い金払ってボランティアするより、workawayで自力でオファーを見つけて等価交換でボランティア活動する方がよっぽど理にかなってると思う。
ちなみに日本国内でホストをしている人も結構いる。
Advertisements

This time I’d like to introduce workaway site.
Unless you are a super rich aristocrat, you probably show know about this site before you travel. If you use this site, you would be able to travel around the world at no cost except transportation cost.
First of all, the mechanism consists of the host (host) side that offers accommodation and meals, and Workawayer (workawayer) that provides hours of work times for accommodation and meals.
Of course it is not a perfect convenient and easy way to get all meals and lodgings for all free. The host side want any helps for a hostel management, a person making a meal, helping a website creation, helping a house construction, a child’s babysitter, a language teaching activity, a gardening, etc. It really depends on needs of host side and they seek for temporary help. In addition, many hosts expect to interact with people from other countries and having different background and stories, not just want people to work. Some hosts want to improve their second language such as English or French or whatever they want through having conversation with workawayers. So interaction is one of big main parts to do workaway.
Many backpackers want to keep expenses as low as possible in workway work, but not only that, also they want to work closely with local people to get a new experience and to know the place, culture, people. If you want to just stay for free, you better to use Couch surfing.
In my opinion, it’s hard to get a local job in the countries where you go within your travel. For example, because of  visa issues. Workaway is not an official job, so you can not receive salary legally, but if you think like that you are working and making the cost free to have meals and accommodation, you could regard you are working and earning money. That’s my opinion though.
But you can’t save money with workaway, so I think it is hard to live in that country for the rest of your life, but for those who want to travel around the world or those who want to explore the world, you could probably travel without any cost except transportation. It’s surely possible.
But it’s a challenge to use workaway, whether the Host is compatible with you or not, what kind of work you actually do. Everything you’ll see when you get the actual place. But it’s an exciting part, isn’t it?
About my experiences actually living now with using workaway will be introduced in ~ part 2 ~. If you got interested, please check the site. URL is right below.

https://www.workaway.info

今回はworkawayというサイトについて紹介したい。

このサイトは、まだ日本人の間ではあまり知られていない気がする。きっと理由としては、このサイトは基本的に英語で日本語訳がないからだろう。ただこのサイトはあなたがスーパーリッチの貴族みたいな人ではない限り、絶対に知っておいて損はないと思う。このサイトを使えば、交通費以外0円で世界一周をすることもできるだろう。
まず仕組みは、宿と食事を提供するHost(ホスト)側と、宿と食事を得る代わりに1日の数時間をwork時間として提供するWorkawayer(ワークアウェイヤー)がいて成り立っている。
もちろん全てタダで食事と宿が手に入るなんて都合の良い話ではない。Host側は、ホステルの管理だったり、食事を作る人、webサイト制作のヘルプ、家の建設の手伝い、子供のベビシッター、言語を教える活動、ガーデニングであったり、ホストに寄って色々な一時的なヘルプを求めている。それに加えて、ただ仕事を手伝ってもらうことを求めているわけじゃなく、他の国の人と交流をしたいと思っている人は多い。あとは英語など自分の母国語ではない言語をもっと伸ばしたいから、他の国の人と話したいと思っている人もいる。
そしてworkawayerにはできるだけ出費を抑えたいバックパッカーもちろん多いけど、それだけではなく、旅する国でのworkaway活動を通して現地の人と密接に関わりたい、現地での活動を通して新しい経験を得たいと思ってworkawayをする人は多い。観光だけの目的で利用する人は少ないと思う。ただの観光で出費を抑えたいんだったらカウチサーフィンの方が向いているだろうから。
世界を旅していて、いく先々の国で現地の仕事を探すのは、ビザの問題だったっりでかなり難しいと思う。workawayではオフィシャルの仕事ではないから給料を受け取ることはできないけど、毎日の生活でかかる宿代と食事代をworkawayで稼いでいると思えば一応仕事をして日々の対価を得ているに等しいと僕は思う。
workawayで金を貯めることはできないから、それで一生その国で生きていくのは厳しいと思うけど、世界一周をしたい人や、旅をしたい人は、workawayを使って無駄使いをしなければ、交通費以外タダで済ますことも可能だろう。
ただここで日本人に少し抵抗があるのは、日本語を話せるHostはいないから基本的に公用語は英語。あとはサイトには英語で募集を出しているけど、実際は現地の言葉しか話せない人も多い。だから英語を使うことは必須だけど、日本から一歩足を踏み出したら日本語なんて通じないんだからチャレンジあるのみ。
Hostが自分と相性が合うかも、実際はどんな仕事をさせられるかも全部現地に行ってみないといけないから結局全部チャレンジ。
ただそのチャレンジ精神と引き換えに現地の出費が0になると考えればチャレンジする価値は大いにあると僕は思う。
workawayを使って今生きている僕の経験談については~part 2~で紹介。
WorkawayのURLはすぐ下に。

2017年10月時点

コロンビアの物価は、日本と比べると半分か3分の1程。
500mlのペットボトルの水は日本円で40円ぐらい。
バナナ4本ぐらいで40円ぐらい。
1,5ℓのコーラは120円ぐらいだった。
写真のアイスクリームは80円ぐらい。
外のローカルなレストランでランチを食べても1食200円いくかいかないか。
特に助かるのは床屋代。メンズの場合だけど、カットだけだと240円ぐらい。でも日本と違ってこっちは単発の人がほとんどで、多くの人は2週間に1回とか早いと1週間で散髪をするから、結局月500円ぐらいは散髪代になるのかな。でも髪の毛を男らしくサッパリ整えるのは清潔感を整える意味でもこっちでは当たり前。カット代はウルグアイだと倍以上の600円ぐらいが相場だったから、僕もこっちではその値段で2週に1回の頻度で散髪ができる。
僕のステイしているピタルは小さな町だから、やはりボゴタ、メルジン、カリなどの大都市に比べると平均的に物価は低いと聞く。
それでもローカルの人々の給料はほとんどその物価に見合うような金額だから、現地目線で言うと決して安いとは言えない。
私立学校でフルタイムで働く先生の給料は3万ちょっとだそうだ。
ただ持ち金は本当にギリギリ底を突くぐらいで来た僕にとっては、思っていたよりもコロンビアの物価が低いことにはかなり助けられた。

Last week I visited to Garzon where is a close town from Pital where I’m staying. And I saw a homeless boy for the first time.

There’s no homeless people in Pital. I’ve never seen.

I’ve heard there are many homeless people in bigger cities such as Bogota, Medellin, Cali. But comparing with those big cities and Garzon, Garzon is much much smaller. So I didn’t imagine that i see a homeless kid out there.

The homeless boy was sleeping on the street right in front of a bakery shop near a bank. He seemed to be about 12 to 14. He was wearing a T-shirt, half-pants, and shoes, all clothes seemed to be unwashed for a while.

He appeared to be asleep, so I didn’t try to talk to him.

I also saw some police men were taking break at the bakery shop.

That’s the reality people just pass by him regarding like he doesn’t exist. Even police men. Why can’t they or government help even one boy?

But so far, I am one of them. Maybe I seem like one of hypocrites. At least that I could do was just leave some change under his grubby T-shirt. I feel really frustrated that I can’t do anything with this myself right now.

In this world, rich people, politicians, police officers say it’s just one of social issue with like nothing care about them, like it’s inevitable. And they do nothing.  Because they don’t feel nothing, they believe they are not gonna be like them. They think they are different than having no money.

I always don’t understand, why those people who govern countries think this world could be existed for more centuries with leaving people who don’t have much income and no home, sleeping on the street, dig garbage, starve and die.

How can they abandon same humanity.

It’s the end human abandon other human.

先週僕のステイしているピタルという町から少し離れた近くの町、ガルソン(Garson)を訪れた時にコロンビアで初めてホームレスを見た。
というのも、僕のいる町ピタルにはホームレスの人々はいない。厳格には僕は一度も見たことがない。
ボゴタ、メルジン、カリといった大きな都市では、ホームレスの人々はたくさんいると聞く。ただそれらの大きな都市に比べればガルソンは本当に小さな町。だから、そんな小さな町でホームレスの男の子を見るなんて思ってなかった。
その男の子は銀行の近くにあるパン屋の前の歩道で寝ていた。歳は12歳から14歳ぐらいに見えた。彼の身に着けていたものは、Tシャツ、ハーフパンツ、靴、どれもしばらく洗っていないみたいで薄汚れていた。
彼は熟睡しているみたいだったから起こさないように彼に話しかけるのは避けた。
パン屋の中では何人かの警察官が休憩を取っていた。
それが現実。人々は彼が存在しないかのように見てただ彼を避けて通る。警察官たちでさえも。
なぜ誰も彼らも政府もたった1人の男の子を助けることができないのだろう?
けれど今の所、僕も所詮その内の1人にすぎない。偽善者ぶってるように見えるかな。
僕ができたことはせいぜい幾らかの小銭を彼の薄汚れたTシャツの下に潜り込ませることだった。
何もできない今の自分がとても悔しい。
今の時代、金持ち、政治家、警察官も皆、それは社会問題の1つにすぎないと言う。それがさも何もそんなこと気にしていないかのように、それは仕方のないことだと言わんばかり。そして何もしない。だって彼らはそんな彼らの気持ちなんて何も感じない、彼らは自分たちがそんな家無しになるなんて思わない、彼らは金を持ってない人々とは自分たちは違うと思ってるから。
僕はいつも理解できない、なぜ国を統治する側である政府の人間は、収入が少なくて困っている人いる、家が無くて路上で寝る人がいる、仕事も金も無くてゴミを明後日日々を生きている人がいる、飢えて餓死する人がいる現状を何とも思わずに、この世界があと何世紀も存在すると思えるのだろう。
人間が人間を見捨てたらおしまいだよ。

The most recent fun is to play with children of the kindergarten and the first grade in a 30 min break time between classes.

When sitting in the schoolyard for to take a breath, I hear “Kaito! Kaito!” And some kids come to me. Like a daily routine, same girls of grade 1 eat their snack sitting right next me every day.

Occasionally when kids’ tension is high, I am surrounded by more than 20 kids and somehow Monster Play starts. Automatically I am a bad monster and they put me in a jail where is the corner of the schoolyard. So I escape and run after kids to catch them. When it starts, it’s almost endless. Entirely I run and run until I get sweat enough. That’s really fun. Everywhere Monster Play is popular among children.

On a relaxing day, I spend a few days leaving on Chibuko and staying with me.
There are some girls who are so strongly tempered and have never done a hug, and if you find mine with a spoof, will you hold hands? Some have kids, kindergarten children seem to have fun climbing to me.

When calm days, I just relax with sitting on a same place in the schoolyard as usual. Then few kids come and start to lean on me.

Some kids are get-tough and they seem like they never hag me. On the other hand there’s some kids who are really still like a baby, and always they see me, they come to me and hag me or hold my hand. Also among kids of kindergarten, it’s fun play to climb up me. Also among some of kindergarteners, it’s a fad that when they see me they run away from me. And they come back closer to me and run again. So automatically chasing play starts. That’s one of communication ways.

I feel most happiness, when I’m playing with little kids. Always my happiness is in there.

最近の1番の楽しみは、授業の合間の30分の休み時間に幼稚園の子供達と、1年生のちびっ子と遊ぶ事。

休み時間に校庭で座って一息ついていると、Kaito! Kaito!とチビ達から声をかけてくれて、大体毎日同じ子供が僕の座ってる横でおやつを食べる。

たまにチビたちのテンションがすごい時は、なぜかいきないモンスターに仕立て上げられ校庭の端っこの牢屋(子供達が呼ぶ)に連れて行かれ、そこからモンスターごっこが始まる。1番多い時は20人ぐらいに囲まれてひたすらモンスター役で逃げて汗だく。どこに行ってもモンスターごっこは人気。
ゆったりした日は、何人かのちびっ子に寄りかかられたままダラダラ〜と過ごす。
すっごく気が強くて絶対ハグなんてしてこないませた子もいれば、甘えん坊で僕の事見つけると手をつないでくる子もいるし、幼稚園児たちは僕によじ登るのが楽しいらしい。
幼稚園クラスのちびっ子の間では、僕と目が合った瞬間から追いかけっこするのがブームらしく、いつも追いかけっこから始まるコミュニケーション。
やっぱり子供達と遊んでる時が1番幸せ。